FC2ブログ





エロスと家具が融合した、“エロスファニチャー”の世界へようこそ。



プロフィール

エロをモチーフにした家具を作ろうと、2010年4月“エロスファニチャー”なる新ジャンルを勝手に創設。今後も地道に創作活動を続けていく予定。傍目にはけしからんように見えるかもしれませんが、本人はいたって本気です。

erosfurniture

Author:erosfurniture
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あけましておめでとうございます
2012年到来。
今年こそは、相変わらずの更新無精を直したいものです。

来年のことを言うと鬼が笑う、という言葉がありますが、去年のことを書いたら誰が笑うでしょうかね。

とか気にせずに、昨年後半からの出来事列記。

2011年11月は、前の記事にも書いたデザインフェスタ@東京ビッグサイトに出展。
とにかくすごかった!おもしろい人、モノ、出しものいっぱい!!
いろんな人に見てもらうことができてうれしかったです。ウケこそ明日への活力。

2011年12月は、大阪の「アート&てづくりバザール」に出展。
こちらは地元にもかかわらず、見事なまでにウケませんでした。
遠巻きor横目で通り過ぎる民衆の冷たい視線にゾクゾクの一日!!
エロスファニチャーたるものこうでなくちゃいけません!(てことにしとこう)。

そして、12月中旬~クリスマス直前まで、大阪・南森町の「ギャラリーびー玉」の企画展「大エロス展」に参加。
ここでは家具以外に、小物と冊子を追加して持っていきました。
ありがたいことに、それらがそこそこはけました。
おかげで珍しく赤字じゃなかったです。あーよかった。

他の作家さんの作品も素晴らしくて、出展者にもかかわらず、展示作品をいくつか購入してしまいました。

「大エロス展」では、ギャラリーで作品アンケートをとっていたのですが、なかなか好評な声をいただけたようで、今年2月の「エロスセレクション展」に招待出展させてもらえることになりました。

なわけで、今年一発目の猥褻物陳列予定は、2月下旬の「エロスセレクション展」@ギャラリーびー玉です。

その後は別の展開の仕方を考えていきたいと思ってます。

乳とした、もとい遅々とした歩みではありますが、エロスファニチャー今年もやれるうちはやりますので、よろしくお願いいたします。

デザェフェスレポート!
といっても、わたしが書いたのではなくて。
いえ、もちろん、書くつもりではおります、おりますよ。

どういうことかと言いますと、デザインフェスタのブースにてお会いした方が、
ご自身のブログでデザフェスおよびエロスファニチャーについて、
とても詳しいレポートを書いてくださったのです!

祥子さんのブログ“sweet-chocolate-box”
http://ameblo.jp/chocolate-69/entry-11082583531.html

ものすごく楽しんでくれて、とてもうれしかったです。
実用性度外視のエロスファニチャーですので、遊んでもらえることこそ至福の喜び。
遊ばれてナンボの女たちです。

他の出展者さんのレポートも楽しく読ませていただきました。
ほとんどブースにつめていたため、会場をろくに見て回れなかったので。

強行スケジュールの末ヘトヘトで帰阪しましたが、うれしくてウキウキになりました。

来年も出展できるよう腕をあげるぞー。
ありがとうございました!


デザインフェスタ
11/12土、13日、東京ビッグサイトにて開催のデザインフェスタに出展中。
予告じゃなく現場中継なのが例によってなのですが。

女体家具のエロスファニチャーと、猫やさかなのグッズが中心のひよ工房の共同出展。
売れるのはひよ工房、エロスファニチャーは売れないけ来場者さんたちに遊んでもらえてます。
記念撮影とか大盛況。

初めて東京に持ってきましたが、やはり容赦なく乳を触っていくの女性ですね。

写真はまた追って。たくさんの来場者さんに撮らせていただきました。感謝。
19時までがんばります。





エロスファニチャー製作記:乳レディチェア編/2
次は材料の木取り。これは師匠にお願いする。未熟者。
今回使用するのはタモの無垢材。昇降盤で必要な長さに切って…。

o0400030010500051397.jpg

o0400030010500051396.jpg

製作物の幅になるよう材をはぎ合わせて使うので、はぎ合わせ面をまっすぐに手押し鉋で削っておく。
材が傾かないように、きっちり下面と側面を機械に沿わせて削り進めることが肝心。
でないと正確な直角に削れない→はぎ合わせがうまくいかない。
難しい。そして手押し鉋はとてもこわい。でも使えるようにならないと。

o0400030010500051401.jpg

プレナーに通して、厚みを少しずつ削っていく。今回は厚さ26ミリになるまでまで削る。

o0400030010500053392.jpg

椅子の背(女体の胴部)、座面(女体の太もも)、女体ひざ下×2種類の材をが全部そろったところで、
はぎ合わせ前にすべき加工に入る。
まずはひざ下(閉じている方)用の材。鉋ではぎ合わせ面を整える。

o0400030010500053393.jpg

はぎ合わせるライン=脚をそろえたときの中心ラインにしたいので、そこをあえて目立たせるために、
5Rのボーズ面ビットでトリマー加工し、面をとる。

o0400030010500053396.jpg

こんなかんじ。丸くなった。

o0400030010500055688.jpg

つづく。

エロスファニチャー製作記:乳レディチェア編/1
まずは、デザイン画から図面を作成。
バランスを見るために、1/10スケールでミニチュアをつくってみる。
厚さ2.5ミリのベニヤ板を糸のこで切り抜き。

nyotai1_400_300.jpg


切り抜いたパーツを接着してみる。
今回は木工ボンドを使ったので、固まるまで何度もポロポロとれてめんどくさい。
こういうときは瞬間接着剤をつかうべきだった。

組み立て後。
おお、なかなか女体っぽい?

nyotai2_400_300.jpg


図面を原寸大に拡大し、型紙を作成。
紙の図面を6ミリベニヤ板に貼って、糸のこで輪郭を切る。

3_400_300.jpg


これが元になるので、慎重に。
糸のこでうまくとれなかった部分は、小さい反りかんななども使用して整える。

5_400_300.jpg

4_400_300.jpg


原寸大型紙を並べたところ。

6_300_400.jpg


隣に寝転んでみたら、ちょうど私と同じくらいの比率・寸法。
自分自身を測ってサイズを決めたので当たり前なんだけど。

これでデザインは決定、次は材料の準備へ。


つづく。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。