FC2ブログ





エロスと家具が融合した、“エロスファニチャー”の世界へようこそ。



プロフィール

エロをモチーフにした家具を作ろうと、2010年4月“エロスファニチャー”なる新ジャンルを勝手に創設。今後も地道に創作活動を続けていく予定。傍目にはけしからんように見えるかもしれませんが、本人はいたって本気です。

erosfurniture

Author:erosfurniture
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


製作記:乳レディチェア編/4
ひざ下パーツの型紙をあら取りした材に当てて、作業台にクランプで固定。
左上の機械は使用頻度の高い便利な電動工具・トリマー。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-脚パーツをトリマーでならい加工_1



トリマーにコロ付きビットを装着。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-トリマービット上部にベアリング付き



コロが型紙の縁に沿うように刃の出し具合を調整後、型紙にならって材を型抜き。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-脚パーツをトリマーでならい加工_2



材の厚みをいっぺんには削れないので、ビットの出し具合を変え、半分ずつ削る。
三層に見える一番上が、6ミリベニヤの型紙。二番目が、トリマーで型紙にならって削った部分。
その下が、元々のあら取りのままの材。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-脚パーツをトリマーでならい加工_3



削ってると木目の方向の関係で材が欠けることも多々あり。
焦る! が、落ち着いて補修することが大事。
欠けた部分をを瞬間接着剤で貼りつけ補修、あとで手で削って整えることにする。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-ならい加工中欠けた



ひざ下パーツ(開いてる方)型抜き完了。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-脚パーツ内側アール加工完成



つづく。

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。