FC2ブログ





エロスと家具が融合した、“エロスファニチャー”の世界へようこそ。



プロフィール

エロをモチーフにした家具を作ろうと、2010年4月“エロスファニチャー”なる新ジャンルを勝手に創設。今後も地道に創作活動を続けていく予定。傍目にはけしからんように見えるかもしれませんが、本人はいたって本気です。

erosfurniture

Author:erosfurniture
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


製作記:乳レディチェア編/3
そしてこちらは、開いている方のひざ下用の材。
これは先に輪郭をキチンととってしまってからはぎ合わせることにする。
まず、型紙をあてて鉛筆で輪郭を写して…

エロスファニチャー?家具わしきエロス? border=



写真の機械・バンドソー(帯のこ)で、輪郭をあらく取る。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-バンドソー


エロスファニチャー?家具わしきエロス?-脚パーツあら切り_1


エロスファニチャー?家具わしきエロス?-脚パーツあら切り_2



ひざ下(開脚)あら取り終了。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-脚パーツあら切り完成



つづく。

製作記:乳レディチェア編/2
次は材料の木取り。これは師匠にお願いする。未熟者。
今回使用するのはタモの無垢材。昇降盤で必要な長さに切って…。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-木取り作業_1


エロスファニチャー?家具わしきエロス?-木取り作業_3



製作物の幅になるよう材をはぎ合わせて使うので、はぎ合わせ面をまっすぐに手押し鉋で削っておく。
材が傾かないように、きっちり下面と側面を機械に沿わせて削り進めることが肝心。
でないと正確な直角に削れない→はぎ合わせがうまくいかない。
難しい。そして手押し鉋はとてもこわい。でも使えるようにならないと。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-手押し鉋ではぎ合わせ面の平面出し



プレナーに通して、厚みを少しずつ削っていく。今回は厚さ26ミリになるまでまで削る。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-プレナーで厚みを削る



椅子の背(女体の胴部)、座面(女体の太もも)、女体ひざ下×2種類の材をが全部そろったところで、はぎ合わせ前にすべき加工に入る。
まずはひざ下(閉じている方)用の材。鉋ではぎ合わせ面を整える。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-はぎ合わせ面に鉋かけ



はぎ合わせるライン=脚をそろえたときの中心ラインにしたいので、そこをあえて目立たせるために、5Rのボーズ面ビットでトリマー加工し、面をとる。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-はぎ合わせ面にトリマー加工_1



こんなかんじ。丸くなった。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?-はぎ合わせ面にトリマー加工_3



つづく。

製作記:乳レディチェア編/1
まずは、デザイン画から図面を作成。
バランスを見るために、1/10スケールでミニチュアをつくってみる。
厚さ2.5ミリのベニヤ板を糸のこで切り抜き。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?


切り抜いたパーツを接着してみる。
今回は木工ボンドを使ったので、固まるまで何度もポロポロとれてめんどくさい。
こういうときは瞬間接着剤をつかうべきだった。


組み立て後。
おお、なかなか女体っぽい?

エロスファニチャー?家具わしきエロス?


図面を原寸大に拡大し、型紙を作成。
紙の図面を6ミリベニヤ板に貼って、糸のこで輪郭を切る。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?


これが元になるので、慎重に。
糸のこでうまくとれなかった部分は、小さい反りかんななども使用して整える。

エロスファニチャー?家具わしきエロス?


エロスファニチャー?家具わしきエロス?


原寸大型紙を並べたところ。

$エロスファニチャー?家具わしきエロス?


隣に寝転んでみたら、ちょうど私と同じくらいの比率・寸法。
自分自身を測ってサイズを決めたので当たり前なんだけど。

これでデザインは決定、次は材料の準備へ。


つづく。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。