FC2ブログ





エロスと家具が融合した、“エロスファニチャー”の世界へようこそ。



プロフィール

エロをモチーフにした家具を作ろうと、2010年4月“エロスファニチャー”なる新ジャンルを勝手に創設。今後も地道に創作活動を続けていく予定。傍目にはけしからんように見えるかもしれませんが、本人はいたって本気です。

erosfurniture

Author:erosfurniture
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タンジェリーナラチェット?あ?←誤
木工家ウィークで訪れた名古屋にて巡ったギャラリーにて購入。

「工房もず」さんのボールペンです。
珍しい木でできていたので、思わず買ってしまいました。


「アンジェリンラジェッタ」という木だそうです。初めて聞いた?。
模様が独特。木のような竹のような不思議な見た目。

他にも、見たことない木で作られた小物類やペンががいっぱいでした。
ちょうど作家さんが在廊中で、木の面白い話をたくさん聞かせてくださいました。

数々の珍しい木材たちは、結構偶然手に入れたものも多いようなこともおっしゃってました。
拾った、とか他の材料に混ざってた、とか。
入手したものの、それらの樹種をつきとめるのにかなり苦労されたそうです。

ある地方ならではの木や、木材として流通しない木などなど、まだ見ぬ木がいっぱいありそうでわくわくしました。

その土地土地の木を探す旅に出てみたいなぁ。

アンジェリンラジェッタ、覚えるのに3日くらいかかりました。
マンドリン? タンジェント? アンジェリーナジョリー?
もう大丈夫です。

初めて木工ブログっぽい話が書けたぞ。このペンのご利益だなきっと。



現在、夏の恒例行事のために鋭意製作中。毎年盆休みはこれで力尽きるのです。


ねことTバックと私。
先月の「木工家ウィーク」では、先の記事の「私の木の椅子100脚展」ともうひとつ、ISSEIDOラシック店で開催された「ちょっとスツールなごみタイム」にも出展させていただきました。

こちらは、生活にとけこむ気軽でかわいいスツールが、ラシック内のええ場所に並べられておりました。

わたくしerosfurnitureも所属する「ひよ工房」の主も、スツールを出展。
タイトル「ねこ」

会場で撮影


工房で撮影


作者本人は、作りながら「気持ち悪い、気持ち悪い」と連呼していました。何が気持ち悪いんだろう。脚か?やっぱり。確かに気持ち悪い(笑)。
でも、このねこスツール、お買い上げいただけたそうです。
マニアにはツボったんでしょう。私もツボってました。何回見ても笑えたので。でも、凝ったつくりだったんですよ?


こちらはerosfurniture新作スツール。
タイトル「かえでちゃんのTバック」


タイトルの通り、そして見たまんま、背もたれがパンツです。素材はメイプル(カエデ)。
背もたれ中央には、三角が向かい合ったような、木工で使われる木と木をつないだり、割れを止めたりするための仕掛け「ちぎり」が入ってる…ように見せかけて、パンティのリボンです。
ちぎりとしての働きゼロ。パンティのリボンです。

座って後ろから見たら、Tバックはいてるように見えます。
会場に、かわいい女性スタッフさんがいらっしゃったので、座っていただきました。

こんな感じ。美女にはかれたTバック!!

Tバック、というものの、背もたれ(パンツ)に向かってまたがってもパンツ感十分なので、そのようにも座ってほしいとお願いしましたが、OKいただけませんでした。当然か。セクハラすみません。

かわりに私が。

えっへん。


作業着で何やってんだか…

工場でこんなんしながら作ってる、エロスファニチャーをよろしくお願いします。



木工家ウィーク

時の流れは早いもので…


もろもろに追われて、キャパのちっさい私はブログをまるっきり放置という,,大方の予想通りの状況になってしまいました。


しかし!

エロスファニチャーも木工もブログも、継続中でありますよ!もちろん。これからも思いだしたように更新します。


そういえば…製作記?

ああ????????????中途半端ですね。でも、書く気はあるんです。あるんだよ!!(逆ギレ)


で。

その中途半端な製作記でしつこくひっぱり続け中の「乳レディチェア」を、6/4(土)、5(日)に、名古屋の「木工家ウィーク」という催しの一企画として実施された「私の木の椅子100脚展」に、出展させていだだきました。


「全国の木工家、名古屋に集まる」とのコンセプトで開催された「木工家ウィーク」の企画だけあって、見ごたえいっぱいでした!


会期2日目(最終日)、搬出もかねて私もはるばる名古屋の会場へ出向きました。


会場には、全国の作家さんの椅子、椅子、椅子!!!


(写真追ってアップします。)


全部座って、なでまわして、、ひっくりえして構造を見て、勉強させていただきました。


お客さんもいっぱいで、展示された椅子に自由に座って楽しんでおられました。

ワークショップや、在廊の木工作家さんとの交流など、お客さんと作家さんの触れあえる機会も満載で、とてもいい雰囲気でした。


私のエロスファニチャーも…ちゃんと置いていただけてました!やった!!


(写真追ってアップします。)


椅子としてどうか、という根本的な疑問はさておき、イロモノとして楽しんでいただけていたようで嬉しや。


ちいさなレディーが椅子の後ろでポーズ。


エロスファニチャー?家具わしきエロス?


将来超????ナイスバディになるよう、チェア製造者のようこおばちゃん、強い念を送っておきました。

大人になって彼女が、親御さんに撮影されたこの写真を見て笑っていただけますように。


作家さんの年代経歴も様々、作風もシンプルテイストからかわいらしいもの、重厚な雰囲気まで幅広く、これだけバラエティーに富んだ作品を一堂が会する場を設けてくださったことに感謝。


しかし、小耳にはさんだところによれば、

「作品のクオリティにばらつきがあるので、審査制にしたほうがいいのでは?」

なんて意見も出展者側からあったとか…?


私は反対ですけどね(出展者側からってのが、また傲慢な)。

クオリティ?


そりゃ、構造が簡易なか複雑か、とか、加工の精度などなど、そういう意味での“完成度”の差はあるでしょう。

しかし、出展者の木工のキャリアも、経歴も腕前もいろいろあったほうが、展示としてずっと面白いかと。


それらひっくるめて、いろんな木工家に発表の場を与えてくれる懐の深さを持ち続けて」いただきたいものです。


ともあれ、次回もぜひ出展させていただきたいです。本当に楽しかった!


他の会場での催しも見て回れましたので、それはまた追って書きたいと思います。


「木工家ウィーク」の別企画でも、新作エロスファニチャー小品を展示していただいたので、それについても…。


つっても、私は木工家でjはないんですけどね。

先にも書きましたが、木でいろいろやる、イロモノにすぎません。




製作記:乳レディチェア編/8

10rボーズ面ビットを装着したトリマーで、女体部材すべての全周を面取り。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?-53



閉じている方の膝下部材の面取り完了後。なめらかな印象に。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?-54



開いている方の膝下は、内側の面取りが少々やっかい。際まで面取りできい&行き止まりになって材が焦げる。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?-55



面取りできなかったところと焦げ部分は、鑿とサンドペーパーで調整。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?-56



これでおっぱい以外の女体部材がすべてそろった。

画像左下にあるのは、女体が座ってる丸スツールの座面。樹種は杉。材に丸を書いて、ジグソーであら切り→ベルトサンダーで墨線まで削り→トリマー面取り仕上げで。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?-57




次回はいよいよ組み立てです!は、はやくハメてぇ???????!
エロスファニチャー?家具わしきエロス?-58



つづく

乳レディチェア 仕様詳細

●タイトル:「乳(ニュー)レディチェア/ためらい&恥じらい」
●サイズ(mm):H1250×W330×D515(座面部分W330×D380) ひざ下長さ(=地面?座面までの高さ475)
平均的な女性のボディサイズで作成。
●素材:本体/木製(タモ無垢材ほか) 脚部/スチール
●カラー:クリア、ライトブラウンの2色


クリアカラーの膝下閉じているバージョン「恥じらい」。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?
エロスファニチャー?家具わしきエロス?


ライトブラウンカラーの膝下開いているバージョン「ためらい」。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?
エロスファニチャー?家具わしきエロス?


膝部(左:恥じらい 右:ためらい)
エロスファニチャー?家具わしきエロス?


乳部(左:恥じらい 右:ためらい)
乳輪部は色目の違う別の樹種を埋めてある。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?


女体が座っている丸スツールには溝、股間には隙間が。
これによって、ひもパンティーをはかせることが可能。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?


お気に入りの下着や衣類を着せて、トルソー感覚で楽しめます。
エロスファニチャー?家具わしきエロス?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。